×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                                          滋賀県伊香郡余呉町中之郷1158 余呉町の健康応援団

HOME施術内容急患&診療費アクセス院内紹介掲示板スタッフ紹介

ケガをした時の応急処置法

 すぐにできる応急処置として、RICE処置があります。
これは、Rest〈安静〉、Ice〈冷却〉、Compression〈圧迫〉、
Elevation〈高挙〉の頭文字からとった名前です。
 この処置を具体的に説明すると、肉離れを起こしたとき、
関節を捻挫したとき、骨折を起こしたとき、打撲を起こしたときなど、
ほとんどのケガに応用できる最初の治療法です。
 早期のRICE処置が、ケガの予後を決定すると言っても過言ではありません。


RICE処置


  Rest〈安静〉
  
ケガをしたらすぐに運動をやめ、ケガをした場所を動かさないように患部の安静を保つ。
   ケガの程度によっては、副子やギプスを使って固定を行う。


 Ice 〈冷却〉
   内出血によるはれを最小限に抑えるために、ケガした直後は患部を冷却する。
  冷却することにより痛みも軽減する。シビレやけいれんなどが出現したら、
  我慢をせずに冷却を中止する。それ以外の場合は20分程度の冷却を行う。
  その後一度15分程度の休憩をはさんでから再度冷却を行う。
  この手順で3・4回冷却を行う。凍傷にならないように
直接氷を皮膚に当てないようにする。

  Compression〈圧迫〉
  
受傷直後から起こるはれを最小限に抑えるために、軽く圧迫を行う。
  血行を妨げないように(シビレや、痙攣、痛み)注意する。

  Elevation〈高挙〉

  
ケガした場所を心臓よりも高く挙上することではれを防止する。
  血行を妨げないように(シビレや、痙攣、痛み)注意する。


RICE処置の手順

@圧迫と、氷が直接当たらないように
包帯を何周か巻きます。
Aケガをして痛い場所に氷のうを当てて
  しっかりと巻きつけます。
B患部を心臓よりもできるだけ高くあげ
  安静を保ちます。
氷のうの作り方

@ビニール袋などに氷と
  少しの水を入れます。
A袋の口をすぼめて
  空気を抜きます。
B袋の口を結んで出来上がり。







よ ご 整 骨 院

〒529-0515
滋賀県伊香郡余呉町中之郷1158
п彦AX0749−86−2043
ご質問、お問い合わせはこちらへどうぞ。



HOME施術内容急患&診療費アクセス院内紹介掲示板スタッフ紹介