×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

                                          滋賀県伊香郡余呉町中之郷1158 余呉町の健康応援団

HOME施術内容急患&診療費アクセス院内紹介掲示板スタッフ紹介

 足底筋膜炎 

長時間歩行後などの足の裏の痛み

 みなさんは、長時間歩いたり、走ったりした後に、足の裏が痛くなった経験はありませんか?

 これは、足の裏にある
足底腱膜という、踵骨から、足の指にかけて扇状についているものがあり、それは、土踏まづの一部を構成するもので、ランニングやジャンプなどの時に、伸びたり縮んだりして衝撃を吸収するスプリングの役目をする厚い膜です。この膜が使いすぎによってストレスがかかりすぎたときに炎症を生じ痛みを起こしたものをいいます。

 主に、
陸上競技の長距離の選手や大衆ランナーなどによく見られる障害のひとつですが、スポーツだけでなく、足の形の異常(偏平足、甲高の足、筋力低下)のある人や、立ったり座ったりすることが多い人、普段あまり歩かない人が長時間歩いたときにも起こりやすいです。

 症状としては、足の裏を押さえると痛みがあり、足全体に負荷が加わると足先の方に痛みが走ったり、
足の指を上へ曲げると痛みが強くなったりします。

 治療法としては、まずは安静にして、
運動後や歩行後に冷却を行う。その後、足の裏のストレッチをゆっくりと十分に行って行きます。その後に、土踏まづのところにパットなどを入れたり、テーピングを併用すると非常に効果的です。

 それに加えてショック吸収力の強いシューズを選んではくのも大切なことです。また、痛みのひどいときなどは走ったりジャンプしたりのトレーニングは控え、足に負担のかかりにくい水泳や、自転車などによるトレーニングを行うと良いでしょう。

 
早めに整骨院などの専門の医療機関を受診し、テーピングなどの治療を受けると良いでしょう。

 冷却の方法についてはこちらを参考にしてください。







    
よ ご 整 骨 院

〒529-0515
滋賀県伊香郡余呉町中之郷1158
п彦AX0749−86−2043
ご質問、お問い合わせはこちらへどうぞ。



HOME施術内容急患&診療費アクセス院内紹介掲示板スタッフ紹介